ロマネコンティを最安値段で買える通販サイト集って知ってる?

DRC ロマネコンティ750mlの最安価格77万9600円! 楽天、ヤフー、アマゾン、パーク、アイテムポスト、DeNA、ポンパレモールの新着在庫と最安値段が一目でわかる。特級畑8つ(ロマネコンティ、ラ・ターシュ、モンラッシェ、リシュブール、ロマネ・サン・ヴィヴァン、グラン・エシェゾー、コルトン、エシェゾー)と一級ワイン(DRC ヴォーヌ・ロマネ プルミエ・クリュ キュベ デュヴォー・ブロシェ)の各年代ヴィンテージすべてがみれます。

>>> ロマネコンティ9種類の価格、通販、最安値段ガイド集
ロマネコンティ【Vin】と世界名酒の通販ガイド!

時代を超えた芸術、ロマネコンティ
初めてロマネコンティ(Domaine de la Romanee-Conti)の価格を見たときにはとても驚きました。一本百万円を超えるワインって、いったいどんなものだろうと思いました。
調べてみれば、フランスのブルゴーニュ地方にあるワイン製造会社、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ社が所有する畑で作られるブドウをもとに作られた赤ワインとのこと。畑の名前がそのまま、ワインの名前になっているようですね。それだけで十分な特別感を感じることができます。
このロマネコンティ、年に決まった本数しか発売されないということで、要はレアものなんですね。だからこんなに高いのか、とここまで聞いてやっと納得しました。そして、私には生涯縁のないワインだということもわかりました。
現代においても、古い時代の方法を使って醸造されているそうです。日本に続く伝統工芸などもそうですが、昔の方法にこだわって作るものは手間がかかりますから、その価値は確実に上がります。でもすごいですね。ロマネコンティはこの価格でも欲しがる人がいて、だからこそ伝統を守って作り続けられているのです。
例えば買い手がいらないと言えば作り手はこのワインを作らなくなるのかもしれません。作り手がもう作らないと言えば、買い手はもう買うことができません。ロマネコンティは確かな需要と共有の上に、その存在を維持しているのです。
芸術作品が時代を越えて人々に愛されるように、このワインも時を越えて愛されているということを考えると、ある意味芸術作品なのでしょうね。