コンタクトレンズの正しい使い方

先日、通っている眼科で医師が激怒していました。患者さんが、処方箋のないままにコンタクトレンズを購入して装着、病気になったというのです。重篤なものではなかったようですが、ひどくなれば失明する病気だと、そしてその危険を患者自ら引き寄せているのだと、延々語られていました。

今、このようなことは増えているようです。ワンデーコンタクトなのにずっと使い続けたり、ちょっとくらいの違和感だと医師のところに行かなかったりして、手遅れになってそれこそ失明……なんて話も、医師も言っていましたが、決して他人事ではないのですね。

私は普段は眼鏡で、時々コンタクトレンズを使っています。普段からコンタクトの方が便利なのですが、なんでも涙の量が少ないとかで、コンタクトレンズは体に適さないと言われてしまったのです。さすがに痛い思いをしてまでコンタクトを使うのもどうかと思い、見えるから眼鏡でいいか、となっています。

きちんと定期検診を受けながら、正しい使い方をすれば、コンタクトレンズは私たちの視界を広げてくれる、最高のものです。でもちょっと間違えると、それこそ恐ろしい事態になってしまうのだと、改めて実感しました。

目の神経は細く、一度失明すると手術で見えることはないという話も聞きます。ちょっと耳にした程度なので、病気によって違うのかもしれませんが、それでも見えていた状態から見えなくなるのは、辛いことだと思います。コンタクトレンズ、ぜひ正しく使って、自分の身を守りたいものです。