オーパス・ワンをお得に買う方法あります!!

お酒のお得情報サイト>>> オーパス・ワン 通販の価格、当たり年、最安値段 ガイド集
ロマネコンティ【Vin】と世界名酒の通販ガイド!
【2012 オーパス・ワンについて】
オーパス・ワンといえば、
世界的に有名な、カリフォルニアワインの銘柄ですが、
そのオーパス・ワンの中でも、
近年、最も当たり年と言われているのが、
2012年のオーパス・ワンです。
2012年のオーパス・ワンに対する評価は、殊更に高く、
世界中のワイン愛好家達からも、90%以上という、高い支持率を受けているとの事ですが、
元々、カリフォルニアワインの中でも、エース的な存在であった、オーパス・ワンの中でも、
2012年のオーパス・ワンは、
抜群の評価を受けている、という事になるでしょう。
では、何故、2012年のオーパス・ワンが、
そんなに当たり年と言われているのかといえば、
オーパス・ワンを作るためのブドウの品種である、カベルネ・ソーヴィニヨンの作柄が、
2012年は、事の外、素晴らい出来映えであり、
その事が、2012年のオーパス・ワンに対する、高い評価に繋がっているのだそうです。
やはり、何と言っても、ブドウの作柄は、
その年のワインの出来を左右する、という事が、この事例から見ても、よくわかりますが、
これほどまでに、ワイン愛好家達を唸らせている、2012年のオーパス・ワンの、一番の飲み頃は、2016~2030年、との事です。
ちなみに、2012年のオーパス・ワンの平均販売価格は、1本3万円前後になります。
というわけで、近年稀に見る、見事な出来映えという2012年のオーパス・ワンを、是非とも味わってみて下さい。
きっと、極上の味を堪能出来る事と思います。
そして、これからもオーパス・ワンが、素晴らしいワインを提供してくれる事に、期待しましょう。

【貴方は知っていますか?『恋人はワイン色』事件を…。】

CHAGE&ASKAといえば、日本を代表するミュージシャンですが、
先頃、ASKAが、大事件を引き起こしてしまいました。
今回は、その事件の話ではなく、CHAGE&ASKAが残した、
名曲についてのお話です。
1988年、CHAGE&ASKAは、『恋人はワイン色』というシングルを発表しました。
この曲は、テレビドラマの主題歌ともなり、大ヒットしましたが、
その後も、長く愛される、彼らの代表曲の一つとなりました。
そのCHAGE&ASKAが、この曲を引っ提げて、歌番組の『ミュージック・ステーション』に出演した時に、ある事件が起こりました。
『恋人はワイン色』を熱唱する、CHAGE&ASKAの、CHAGEとASKAの間には、歌番組上の演出で、テーブルが置かれ、その上に、ワインの注がれたグラスが乗っていました。
そして、曲が終わりかけの頃、ASKAが、いきなり、そのワイングラスを取り上げ、CHAGEに向かって、ワインをかけてしまったのです!
いきなりの出来事に、CHAGEは、大慌てしていました。
この時、CHAGEの着ていた、白いジャケットは、見る見る内に、
ワインで真っ赤に染まってしまいました。
その様子を見て、ASKAは、ニヤリと笑うばかりです。
実は、CHAGEは、その衣装は非常に高価な物であると、事前に聞いていたので、大慌てしていたそうですが、そのジャケットは、このサプライズを演出するために、番組側が用意した、物凄い安物だったのだとか。
番組側とASKAの仕掛けに、まんまと騙されたCHAGEでしたが、
この事件は、今も彼らのファンの間で、語り継がれています。