カラーコンタクト着用条件は、健康必須?

 最近、芸能人がプロデュースしたり、アニメのキャラクター風だったりと、個性的なカラーコンタクトが販売されていますね。これらで残念なのは、度が入っていないことです。あくまでお遊びで、視力の悪い人はつけても意味がないというのは、寂しくないですか。もちろんその上から眼鏡をかければ、目の色を変えるための道具としては役立つのですが、それはちょっと切 ないですよね。
 しかし度が入れば医療機器になってしまいますから、仕方がないのかなあという気もします。でもやっぱり、目の悪い私だって、たまにはそういう可愛いカラーコンタクトをつけてみたいのです。さがせば、視力矯正機能があるものもないことはないですよ。ただ「違う……あのイラストがついていない!」とか、なってしまうというだけです
 そんな経験から私は、年下の友人達に「目だけは大事にしたほうがいいよ」と伝えています。カラーコンタクトができないからという理由だけではなく、望むお洒落をするためという大枠で考えてくださいね。ですがそうはいっても、私は特に目に悪いと思われる行動はしていないにもかかわらず、裸眼視力0.05なので、どうして守ったらいいかはわ かりません。遺伝とかもあるのかしら。でも他の兄弟は、視力いいんですよね。暗い中でゲームをし、夜更かしも暴飲暴食もしているにも関わらず、です。まあそれを嘆い
ても仕方がないので、若い子には伝えましょう。とにかく、カラーコンタクトで遊ぶためには、目の健康必須なのだと。