【シャトー・オー・ブリオンについて】

看護師求人はどこで探すのか??>>> https://kyujinrank.com/
医師が教える転職と医療求人募集の探し方!

シャトー・オー・ブリオンは、歴史と伝統の有るワインであり、シャトー・オー・ブリオンというワインの歴史は、
激動のフランスの歴史とも、密接に結び付いています。
シャトー・オー・ブリオンは、 世界でも屈指の、格式の有るワインであると言って良いと思われますが、
シャトー・オー・ブリオンが、1855年に、メドックの格付けにより、「5大シャトー」に選ばれた時、あまりにも有名な、次のエピソードが有ります。
当時、格付けが1級のワインというのは、専ら、ボルドー・メドック地区から選ばれており、シャトー・オー・ブリオンは、グラーブ地区で作られているワインなので、
通常であれば、1級に格付けされる事は有り得ませんでした。
ところが、既にシャトー・オー・ブリオンは、ボルドー・メドック地区産の、どのワインよりも人気が高く、圧倒的な名声を得ていました。
そこで、メドックとしても、その存在を無視する事は出来ず、遂に、シャトー・オー・ブリオンに、1級の格付けを与えたのです。
つまり、シャトー・オー・ブリオンは、その頃から既に、別格的な存在だったわけですが、
ともかく、それ以来、シャトー・オー・ブリオンは、「5大シャトー」の一つとして、ますます、その名声を高めて行きました。

もう一つ、面白いエピソードをご紹介しておくと、ヨーロッパ中を席巻したナポレオンが失脚した後、
ナポレオン失脚後の国際的秩序を決めるための「ウィーン会議」で、シャトー・オー・ブリオンは、
祖国フランスを救うような存在感を発揮した、というものが有ります。
ナポレオンに蹂躙されていた、ヨーロッパ各国は、フランスに対し、あまり良い感情を持っておらず、
ナポレオン戦争後の処理も、フランスに対して、厳しい措置が取られる事が、予想されていました。
しかし、時のフランスの実力者・タレーランが、ウィーン会議の席上で、各国の代表に、
シャトー・オー・ブリオンを振る舞ったところ、その味を、各国の代表達に絶賛されました。
それがキッカケとなり、各国によるフランスへの悪感情は和らぎ、ウィーン会議でのフランスへの措置は、寛大な物になった、との事です。
救国のワインとして、シャトー・オー・ブリオンが、ますます愛されて行ったという事は、言うまでもありません。
やはり、シャトー・オー・ブリオンは、別格のワインだった、という事ですね。