サントリー 山崎25年 シングルモルト を最安値で買えるサイト見つけました!!

最安値がひとめでわかるお酒のサイト>>> サントリー 山崎25年 シングルモルト 通販の価格、最安値段サイト集
ロマネコンティ【Vin】と世界名酒の通販ガイド!

【サザンオールスターズのデビュー秘話…10代の青少年達にお酒を!?】
1978(昭和53)年のデビュー以来、第一線で活躍し続けている、サザンオールスターズ。
その、サザンオールスターズですが、
1978年(昭和53)に、『勝手にシンドバッド』でデビューした時は、
あまりにもインパクトが強く、
「イロモノ」だの「一発屋」だのと、揶揄されていたものです。
それもその筈、
サザンは、『勝手にシンドバッド』を引っ提げて、テレビ出演する時は、
何と、ステージ衣装などではなく、全員ジョギパン姿だったのです。
これには、当時の視聴者もビックリでしたが、
とにかく、サザンは曲も衣装も、あまりにも型破りだったため、
当時の世間には、なかなか理解し難い存在だったのかもしれません。
しかし、サザンのその後の活躍は、皆さんもご存知の通りです。
デビュー当時の、「一発屋で終わる」という、皆の予想を覆したのは、見事と言って良いでしょう。
そのサザンが、1978年8月に、初めて『ザ・ベストテン』に出演した時の事。
サザンは、「ロフト」というライブハウスからの生中継で出演したのですが、
この時、ライブハウスの客は、大いに盛り上がっていました。
この生中継はとても印象深いものでしたが、
実は、この時の客は、全員、サザンのファンでも何でもなく、
皆、あいざき進也という歌手のファンクラブだったのだとか。
しかも、10代の少年・少女ばかりだったにも関わらず、
サザンは、彼らに酒を振舞い、テレビ中継が始まるまで、無理矢理に盛り上げていたのだとか。
「お客さん、みんな10代でしょ?だから、酒を盛っちゃうと、結構、回るんですよ」
と、後年、桑田佳祐が自ら暴露(?)していましたが、
まさか、サザンの歴史的な『ザ・ベストテン』初出演が、お酒の力を借りての、無理矢理な演出だったとは…。
それだけ、お酒というのは、場を盛り上げる効果が有るという事でしょうか。
ちなみに、この時の事について、
桑田は「今だから言える(笑)」とも発言しています。
この時、サザンはデビューしたばかりで、
まだ、自分達のファンが居なかったので、言わば、苦肉の策だったわけですが、
当時、サザンに酒を盛られた(?)、あいざき進也ファンクラブの少年・少女達は、
その後のサザンの活躍を、どんな目で見ていたのでしょうか?
今思えば、とても貴重な体験だったと、彼らも思っている事でしょう。